スマホを捨てる際の注意点

スマホの正しい捨て方とは?

個人情報を盗まれないように

スマホを捨てると言っても、燃えるゴミのように簡単に処分できません。
まずは、データを消してください。
捨てたスマホが誰かの手に渡った時、中にデータが残っていると、個人情報を見られてしまう可能性があります。
その人が悪い人だった場合は、個人情報を悪用されます。
データを消してしまえば、個人情報を誰かに見られる心配はないので安心です。
データを他のスマホに移動できるよう、バックアップを取っておきましょう。

データを消して初期状態に戻したら、スマホを買ったお店に持って行くと引き取ってもらえます。
スマホを捨てる際は初期状態にしなければいけませんが、どうすればいいのかわからない人がいるでしょう。
お店には、スタッフがいるので聞きながらデータを消すことができます。
自分で操作するのが難しいと感じたら、スタッフにやってもらってください。
スマホを購入したお店でなくても、同じ通信会社のお店だったら引き取ってくれると思います。

自治体が設置している、回収箱が近くにあればそこに入れてもいいですね。
お店に持って行くのが面倒だという人は、回収箱を利用してください。
様々なお店の中に、設置されていることが多いです。
回収されたスマホは、リサイクルされて別の製品に生まれ変わります。
ゴミに捨てるわけではないので、地球環境を悪化させる心配はありません。
リサイクル活動に、きちんと貢献してください。
正しくスマホを捨てないと、環境の悪化が進んでしまいます。

データなどは消しておこう

スマホは大切な情報の宝庫です。中には個人の情報も含まれることでしょう。 スマホを処分する時はこうした情報をすべて消しておく必要があります。 情報をそのままにしておくと、第三者に閲覧される恐れがあります。 情報漏えいが問題となりつつある昨今、いつ自身が被害にあうとも限りません。

お店に持って行くと引き取ってくれる

スマホを捨てるには相応の手順が必要です。 後のトラブルを避けるためにもここはしっかりと把握しておきましょう 基本的に、お店に行くと引き取ってくれます。 購入したお店でなくても、同じ通信会社なら引き取ってくれるでしょう。 その場でアドレス帳などのデータを消して、引き取ってもらうのがおすすめです。

近くの回収箱を探す

店舗には乾電池のようにスマホ専用の回収ボックスを用意しているところもあります。 直接店員とやり取りせずに処分できるため、手軽と言えるでしょう。 これによりパーツが要不要に分けられ、新しい製品へと生まれ変わります。 ゴミを減らす取り組みをしましょう。