データなどは消しておこう

やらなければいけないこと

スマホを捨てる前に、データが残っていないか確認してください。
データが残っているまま、捨てないように気をつけてください。
個人情報が残っていると、誰かに盗まれる可能性があります。
写真や動画、アドレス帳のデータを消した上で、初期化してください。
すると使用前の状態に戻るので、安全に捨てることができます。

個人情報が盗まれると、悪用されて事件に巻き込まれます。
自分が犯罪に巻き込まれるのは怖いですが、アドレス帳に知り合いの連絡先が入っていれば、その人まで犯罪に巻き込んでしまいます。
責任が重大なので、データをすべて消したのか何度も確認しましょう。
またデータがたくさん入っていれば、すべて消すまでに時間が掛かります。

バックアップが必要

新しいスマホに移動すると、写真や音楽のデータが失われてしまいます。
アドレス帳はお店で移動してもらうことができますが、それ以外のデータは自分で入れなければいけません。
これまで撮影した写真を、失いたくない人はバックアップを取っておきましょう。
新しいスマホにバックアップのデータを移動させれば、写真をや音楽を新しいスマホで管理することができます。

大事な思いでは、簡単に消せませんよね。
またスマホを新しくしても、急にスマホが壊れてしまうかもしれません。
修理に出せば、同じように初期状態に戻る可能性があります。
その時もバックアップが必要になるので、定期的に取っておくと良いですね。
大事なデータを失わずに済みます。